リブランディングとは?ブランドの再構築について

変化する世の中に対応するリブランディング戦略

商売をしていると競合相手が登場したり市場環境の変化が発生します。時代に対応するためには今行っている会社の方向性やブランド力を市場に対応させる必要が出てくるのですが、これを行うのがリブランディングです。基本的に特別な知識は必要なく個人的にリブランディングを行うこともできます。

根本部分を見て現環境に対応できるようにブランドを組み立て直す、こうすることで市場に対応できる力を身につけられるのが特徴です。ブランドそのものを陳腐化させていけないのでロゴデザインも一定期で変更するのがよいでしょう。そうするとお客さんはイメージを一新したと認識しやすくリブランディングも行いやすいといえます。

ロゴデザインを変えるなら行く先を見据えて

ただロゴデザインをするときは方向性を決めてから行いましょう。ターゲットにする顧客や扱う商品が決まっていればロゴデザインも簡単に決めることができます。また他の会社と同じようなデザインにしてしまうと埋もれてしまうため、ある程度個性を出していかないとだめです。こちらはデザインセンスを求められるため個人で行うよりもリブランディングを行っているデザイン会社などに依頼をするのが良いでしょう。

デザイン会社はサービスにより、どの分野に特化しているのか違いがあるので選定する時はチェックしておくと良いです。ホテルや旅館に特化したものや化粧品に特化したものもあります。またロゴデザインに特化したものや事業立ち上げ支援、内装関係と幅広いです。

 

リブランディングのメリットと注意点

リブランディングのメリットと注意点

リブランディングするメリットは新たな顧客を確保できる、マーケティングミスの改善も行えます。タイミングとしては企業が好調の時代から未来を見て行うのが良いでしょう。そうすれば時代の変化とともにすぐに対応できるので余計な時間がかからず、損益も大幅に減ります。

ただし基本コンセプトを変えてしまうと特定の企業にとってはデメリットとなってしまうでしょう。当初のコンセプトを重視し、時代に対応できる要素を取り入れることで固定客を手放さず進化できます。