広告デザインをターゲットに最適化しよう

広告デザインでは、見た目のインパクトやキャッチコピーは重要です。

これまで優秀な広告とされるものは、インパクトのあるデザインやキャッチコピーが印象に残っています。 しかし、それ以上に重要になるのが、ターゲットに最適化することです。 広告デザインのターゲットとは、商品やサービスを購入、利用する人々の性別や年齢層を指しています。 たとえば、10代後半や20代前半の女性をターゲットに想定した商品やサービスを宣伝する場合、広告デザインもそれに合わせなければいけません。 想定するターゲットに最適な広告デザインなら、宣伝効果を高めることができるので、商品やサービスが話題になる機会も大きいでしょう。 逆に若い世代の女性向けのデザインではなく、高齢の男性が好む広告デザインにすると、想定したターゲットに訴求できず宣伝効果がゼロになります。

ですから、広告デザインをグラフィックデザイナーに依頼するときは、想定しているターゲット層を明確に伝えましょう。

デザイン作成にはコミュニケーションが大切

グラフィックデザイナーに適切に伝えることができなければ、完成した広告デザインは使い物になりません。 高額な依頼料をグラフィックデザイナーに、支払い宣伝効果のない広告が完成するので、綿密に打ち合わせを行うことが重要です。 また、ターゲットに最適化するのは、広告デザインだけではありません。 ポスターを制作する場合なら、掲示する場所もターゲットを考えて決める必要があります。 もちろんポスターのデザインをグラフィックデザイナーに依頼するなら、掲示する場所も伝えておきましょう。

グラフィックデザイナーは、クライアントから受け取った情報を基に制作していきます。

必要な情報が足りなかったり不要な情報が多すぎると、制作過程でデザインがブレてしまい、ターゲットに最適化することができません。 コミュニケーションをとりながら、必要な情報は全て渡すようにしておけば、ターゲットに最適化した効果的な広告が完成します。