広告制作をデザイン事務所に依頼するメリット

広告を制作する際に考えられる手段はひとつではありません。

 

デザインの依頼方法はいろいろ

一般的には広告代理店や印刷会社などに依頼する方法がありますが、その他にも知り合いのデザイナーに直接頼むことも可能ですし、いっそのこと外注しないという手もあるでしょう。しかし、クオリティを保ちつつ費用も安く抑えたいと考えているならば、広告デザインを得意とするデザイン事務所への依頼が最適です。

いくつもある候補の中で他でもないデザイン事務所へ依頼するメリットは、無駄が省けるということです。例え広告代理店へ頼んだとしても、制作を行うのは結局下請けのデザイン事務所であるというケースも少なくありません。そのため、イベントなど複数のプロモーションを一気に展開したいのではなく広告デザインのみを外注したいのであれば、代理店を通さずに直接デザイン事務所へ依頼した方がコストを削減できます。

また、費用面以外にも、仲介者がいないことでデザイナーとのコミュニケーションが取りやすいため、スムーズに依頼することが可能です。急な修正やデザインの変更なども反映させやすいので、デザインに対する細かいこだわりがあるならデザイン事務所が安心です。当然のことながらクオリティも代理店に比べて遜色ない出来になります。

ターゲットへのプロモーションにおいて、広告が重要な役割を果たしているのは言うまでもありません。そのため、どこへ広告の制作を依頼するのかは非常に難しい問題です。もしもある程度デザインの方向性が決まっているのであれば、好みのデザイン事務所へ発注することでクオリティを維持しつつ、意見を反映させた広告を安く作成することができるでしょう。もちろん、広告代理店はデザイン以外にも頼むことができ、印刷会社ならチラシなど印刷物にしたときの仕上がりが秀でているといったように、それぞれ異なったメリットがあります。どのような広告を行いたいのかしっかり把握した上で、最適な選択肢を選べるようにしましょう。

デザイン事務所と広告代理店の違いとは

広告代理店はその名の通り広告を扱う会社です。街中の看板スペースや雑誌の広告スペース、それにウェブサイトの広告スペースなどがあります。例えるなら、それらを管理しているのが賃貸アパートの大家さんだとすると、借主を募集したいと思うでしょう。広告代理店はその場合の不動産屋と同じような仕事になります。

広告デザインをターゲットに最適化しよう

広告デザインでは、見た目のインパクトやキャッチコピーは重要です。これまで優秀な広告とされるものは、インパクトのあるデザインやキャッチコピーが印象に残っています。 しかし、それ以上に重要になるのが、ターゲットに最適化することです。 広告デザインのターゲットとは、商品やサービスを購入、利用する人々の性別や年齢層を指しています。

紙媒体の広告の使い分け方

近年はネット上の広告というものの出稿量が増えており、ネットがますます力を持つ時代と言われています。ただ、紙媒体独特の安心感というものがあり、電子媒体よりも紙媒体の方が安心できるという人も少なくありません。紙媒体と呼ばれるものには、チラシ、ポスター、パンフレットなどがあり、それぞれを使い分けることにより、効果的な広告を打つことができます。

リブランディングとは?ブランドの再構築について

商売をしていると競合相手が登場したり市場環境の変化が発生します。時代に対応するためには今行っている会社の方向性やブランド力を市場に対応させる必要が出てくるのですが、これを行うのがリブランディングです。基本的に特別な知識は必要なく個人的にリブランディングを行うこともできます。

LINKS

デザイン/広告制作依頼

AMIXデザイン事務所

デザイン制作外注

デザイン作成はASOBO DESIGN

ロゴ作成依頼

ブランディング・ロゴ制作のLOGOLO